【売買報告】考えを変えて、バリュー株を持つべきか?(元証券マンの考え) 2021年3月15日〜3月19日

売買報告
この記事は約2分で読めます。

相場振り返り

先週は、16日〜17日にFOMCが開催された。

・FOMC内容
2023年末までゼロ金利政策を維持。
量的緩和を継続し、現在のペースで買い入れていく。

失業率は21年末で4.5%、23年には3.5%にそれぞれ低下すると予想。
国内総生産(GDP)は今年6.5%増と、前回予測での4.2%増から上向きに修正された。

FOMCの内容が好感され、ナスダックのハイテクグロース株上昇した。
しかし、週後半に米長期金利が1.7%まで上昇したため、ハイテクグロース株が下落した。
バリュー株は引き続き強い状況が続いており、NYダウ・S&P500が史上最高値を更新した。

各指数のチャートを確認してみよう。
※全体感を見るために、S&Pと日経平均株価を選んでいる。

S&P500

金曜日出来高伴って下落しているが、問題はなさそう。

日経平均株価

相場予想
金融緩和に変更がなかったため、引き続き上昇トレンドは継続すると思う。
しかし、ハイテクグロース株よりはバリュー株が強い状況続きそう。
理由は、予想以上のペースで経済回復が進んでいるためだ。
今回のコロナウイルスによる景気悪化は、金融危機とは違ってマーケットに出回るお金の量は増えている。人々が外出できるようになれば景気回復ペースはさらに加速すると思っている。

そのため、金利上昇しても影響を受けずらい増収増益の割安成長株か景気回復期待銘柄が投資対象として良いと思う。

保有銘柄と売買報告

・米国株
SNAP スナップ : 買値35ドル 65%含み益
FTNT フォーティネット : 買値180ドル 4%含み損
BX ブラックストーン : 買値74ドル 3%含み損

・日本株
プロパティエージェント : 買値1801円 27%含み益

【米国株】FOMC後の投資戦略

コメント

タイトルとURLをコピーしました